【松山ハーブ農園】青森県産 熟成黒にんにく オンラインショップ

【松山ハーブ農園】青森県産 熟成黒にんにく オンラインショップ

八甲田山脈の雪解け水と良質な土で育つにんにく

8月 土壌づくり


にんにくの植え付け作業1ヶ月前に、畑に完熟たい肥を施しておきます。通気性を良くする為、固くなった土をふかふかに耕し、根が伸びやすい環境や保水性の高い土壌づくりをします。



9月 にんにくの植え付け


にんにくは秋に植え、青森の寒い冬を越し、収穫出来るのは翌年の7月になります。手作業で種の向きに注意しながらひとつひとつ丁寧に植えつけ、土をかぶせます。



2月 燻炭まき


青森は豪雪地帯。積雪量2mの雪を早く溶かす為に燻炭まきをします。燻炭まきは害虫予防の効果もあります。農薬や科学肥料に頼らず栽培する為の大事な役割です。



5月 茎の間引き


5月になると茎も大きく成長してきます。この頃、一つの株からにんにくの茎が2本出ている状態から片方を間引きします。大きなにんにくに育てる為、ひとつひとつ丁寧に作業します。



6月 トウ立ち切り


間引き作業から約1ヶ月ほど経つと芽が現れます。「にんにくのトウ」といいますが、取らずにおくと種が生まれ茎が伸び栄養をとられてしまう為、トウを切る作業を行います。



7月 にんにくの収穫


7月の晴れわたる空のもと、にんにくの収穫時期がやってきます。収穫時期が少しでもずれると球が割れたりする為、時期を見計らい従業員総出で収穫作業をします。



熟成・発酵


収穫したにんにくは、美味しい黒にんにくを作るため入念に形や大きさを厳選し、一定の温度管理の元でじっくりと熟成・発酵されます。その後、品質検査を受けた後に出荷されます。





ホームへ戻る
商品一覧
ショップについて
お問い合わせ
アカウント